2014年10月31日金曜日

アテナ2号の育成と、サタンの究極進化。

コツコツとチョキゴールドを周回してました。

まず進化後アテナを量産します。

それから4体食わせます。
たまたま倉庫に居たのが4体だったので。
そして貴重な宝玉を投入します。

究極アテナの覚醒が4段階開放されてますね。
はい、これがパズドラの仕様なのです。

1進化前アテナ(覚醒0)
2進化後アテナ(覚醒3)
3 究極アテナ (覚醒6)

このように究極進化で
覚醒の数が伸びるタイプのキャラクターは、
2のタイミングで共食いをさせておくことによって
究極後も、そのまま覚醒数が引き継がれるわけです。

この仕様を利用することで
たまドラを節約することが出来きます。

じゃあ、お前なんで究極前に6匹食わせないの?
と、疑問に思われた方も居ると思いますが
それは当然、育成が辛いからです(´・ω・`)

進化前とはいえ500万テーブルのアテナは
レベルマに88万経験値が必要です。
これを6匹も仕上げようと思ったら、
魔法石という別のコストが掛かってしまいます。
進化素材も別途必要です。

魔法石か「またドラ」のどちらに余裕があるかは
まったくもって人それぞれだと思うので、
今回は、たまたま4匹くらいで良いかな・・と
なんとなく、そう思っただけの話です。

ちなみに究極機械龍のハダルとカノープスを作るときは
進化前育成が要らないので
究極前の状態で共食いさせるのが正解で簡単です
不足分は、たまドラで仕上げちゃいます。
アテナ2号の使い道に関しては、
サブに君が居るだけで、それはある意味エンハンスだよね枠です
それからついにサタンの究極進化。
究極サタンは、いまいちだと散々ディスっておいて
今回、心変わりした理由は・・・
闇リットが倉庫で邪魔っていう切実な理由(^q^)

光リットの在庫が0に対して
これだけ闇に偏ってるので
ちょっとバランスを調整してみた次第。