2015年4月4日土曜日

【第十一回チャレンジダンジョン】Lv9を五右衛門でノーコン クリア

分岐したわけでもないのに
ギガンテスの覚醒がなぜか2wayに変更されて、勝手に強くなったので、
いっぺんやってみたかったシリーズということで、
1号の究極を解除して、2号をレベルマ育成してみた。

ギガンテス2枚編成ってのは、
サタンが登場する前の五右衛門パでは良く見かけましたね。
懐かしい絵面です。
育成に余裕が出たら、これをいつかやってみたいと思ってました。

それにしても
ギガンテスの回復値マイナスという個性は素敵です。
番長ギガンテスも誕生するわけだし、
この個性は大事にしたいもんです。
五右衛門の究極記念のご祝儀ということで、
今回はチャレダンLv9にワンチャンあるらしい。
せっかくなのでピィを取りに行く( ・`ω・´)

※ちなみにイチゴは間違い。
 ここは泥強のウルズかベテルギウスが正解
バトル1 アースドラゴン。
草属性から始まる敵なので
ここくらいは変換を温存したいが、
火ドロップを呼び込んでみたところ、
回復だらけになってしまったので仕方なく変換使ってワンパン。
バトル2 カリンちゃん。
1ターン猶予があるので2パン狙い。
初撃で水属性から草に変えたい。

バトル1で使ってしまった変換を
本当ならここで使いたかった。
バトル3 オーロラドラゴン。
初撃で75%以下まで削ることが出来たら
カウントダウンが始まるので
スキル貯めを回収しながら倒す。
バトル4 スリーディア。
猶予が全く無いので
こいつはワンパンしかない。
このダンジョンで一番、スリルのある相手。

直前のオーロラドラゴン戦のカウントダウンで
変換をしっかり再チャージしてくれば、なんとかならんか(ヽ'ω`)
バトル5 ワングレン。
微ダメージが上昇してくるタイプなので
場合によっては2発は受けられるかも。
同時に火ドロップも作ってくれる。

回復しながらダメージを入れる作業は、
五右衛門パ(回復あり)の醍醐味であろう。

今回はパーティーにイチゴが入ってるので
クイック回復3000を使えばHPを調整しやすいし、
同時に回復ドロップを生み出すことも出来る。

火の軽減も持っているのでさらに戦い易くなると思ったが
やっぱりイチゴは失敗だった(;´∀`)
理由は後述。
バトル6 デフォード。
威嚇中に6コンボ出して倒すしかない。
半端に削るよりは、
火ドロップを呼び込んでからの、
列消しの方がダメージは出るっぽい。

ウルズとギガンテス1号2号の2way消しでも有りだと思う。
バトル7 ゼローグ。
ゼローグは初手に99%カットが飛んでくるので
2回殴れる。

ただ今回はデフォード戦で回復落ちコンが来てしまい、
五右衛門のLSが切れてしまっていたので
何もできることがない。

だから花火に点火。
強化されたドロップがまさかの0個∑(゚Д゚)ガーン

泥強覚醒がチームで7個もあるのだから、
降ってくる火ドロップは必ず強化されてるはずなのに
火ドロップが丸ごと枯れとるやないか。
これは想定外だわ・・(´・ω・`)

5、6個強化されてれば
770万ダメージに届くかな、という狙いはあった。
強化ドロップ0個じゃ全然、駄目やな(´・ω・`)
火力が別物や。

目盛りから察するに
このパーティーのノーマル花火では500万ダメージくらいしか出てない。
500万という数字は普通に考えれば立派なもんだけど、
このダンジョンはワンパン出来ないと危険すぎます。

削り過ぎると
初手の99%カットが、100%カットに変わるので
今回は落ちコンが来なくて助かりました。

このあと2発目の花火で勝利(^o^)v
いやーイチゴ入れて失敗した(^q^)
火力が足りてないからウルズかベテルギウスが正解だったね。

無限回廊で火力チェックはしたんだけど、
盤面に火ドロップが全く含まれてないという状況を
なかなか再現できてなかった。

一応、イチゴが居れば、
五右衛門のブレスを2連発できるので
先に40万(20+20)削ってから、
花火を打ち上げれば、このパーティでも倒せるんじゃね?
というアイデアもあったが、
これは不発に終わって悲しいです。

【まとめ】
スタミナ回復石を3個使ってクリアできました。
盤面にかなり左右されるので安定はしませんが、
Lv9を石3個という結果は上々だと思ってます。

ピィ目当てで裏テク回るよりは遥かに現実的です(^o^)v

0 件のコメント:

コメントを投稿

「コメントの記入者:」に名前/URLを選ぶと任意の名前を入力できます。匿名を選ぶと匿名と表示されます。画像認証はGoogleアカウント等を選ぶことで回避できます。その際はアカウント名で表示されるのでご注意ください。※当ブログのコメント欄はiPhoneと相性が悪いようです。PCからは問題なく書き込めます。