2015年7月15日水曜日

ガチャなし編成でゼウスヘラ降臨の周回を今回は断念

石6個使って3ラゲしか出来てないので
今回の降臨チャレンジでは無理ですわ(ノ∀`)

他に気になる新要素(シヴァドラゴンやスカーレット)も出てきたので
石を使うのはストップです。
さて周回パなのですが
結局、これ。
ガチャなしオールスターズに落ち着きました。
やはり、プラスを振り済みなのは正義です。
バトル1 キングりん。

スキル溜めは不要。
何も考えなくていい。
バトル2 ミネルヴァ。

スキブの関係上、
一発貰うとベジットが間に合うので
ここで事故は無いハズ・・なんだ。

火属性のダメージが良く通るので
6コンボ出さえば、たいていワンパン。
バトル3 ネプチューン。

次で封印耐性を貰うつもりなので
スキルは一回ここでリセットしている。

2発か3発貰ってからアーマーブレイクを使って防御しつつ
マイティ明けに防御DOWNがちゃんと入るので
ベジット火wayに
ドラゴンエンハンスを掛ければ倒せるハズ・・なんだ。

ミニ関羽が毒まで変換するようになったので
ついつい、使ってみたくなるが、
あまりにも盤面が火だらけになって、
4色を確保できなくなるので、
マイティ明けに威嚇を使って、動きを停めてから、
ゆっくり火の4wayで倒すことも多い。

防御と威嚇をここで使っても、
セレス戦やハーデス戦でちゃんとスキル溜めできれば、
ヘイストとベジットを挟むことで
BOSS戦の頭には再チャージが間に合う計算。
バトル4 セレス。

耐性4割なので
封印を貰ってしまう。

ただ火属性のダメージがやたら通るので
火ドロップが4個あればワンパン余裕。
3個でもリザレクションを誘うのは難しくないので
火が4個降ってくるまでパズルを繰り返すだけ。
バトル5 ハーデス。

前半は光属性で攻めて
後半は火属性で攻めれば
じゅうぶん削り切れるはず。

倍率の発動条件がゆるゆるなベジットパなので
ここは相性の良さを感じる。
バトル6 ゼウスヘラ。

開幕から2ターンの先制マイティをゴーレムの防御で耐えて
威嚇から一気に倒しきるのが理想・・なハズ。
今回はマイティ明けに
エキドナがバインドを貰うというksバージョンを
あえて採用した。

エキドナとベジットがバインドを食らったり、
BOSSのマイティがまだ明けてない状況で
これは詰んだと思ったら
ドラゴンエンハンスで仕掛けるとワンチャンある。

ここで効いてくるのはミニ関羽の/ドラゴンタイプである。
このパーティーで唯一の神タイプ持ちなので
ミニ関羽がいると、
HP40%以下に削ると1ターン流れるので助かる。
まっ、パズルをミスって
残りこれだけを削り切れないんですけどね(ノ∀`)

BOSS戦のコツとしては、
開幕から、初撃を殴った方が良いのか、
それとも回復ドロップを貯めておけばいいのか、
そこがちょっと悩ましい。
だいたい何も考えずに殴ることが多いが。

光属性の前半部分は
ゼローグ∞の闇4消しをすればグングン削れる。
ライジングダークで闇の落ちコン大歓迎である。
ガチャなし的には中々、良いパーティーが組めたと思っているが
次のアップデートも気になるので
今回は石を使ったスキル上げを断念することにする。
ゼウスヘラ降臨は火属性のダメージが良く通るので
もうちょっと楽に周回したいという期待もある。

ちなみにこれはBOXの火属性/神タイプのソートです。
うむ(・_・)
なかなかメンツが揃っておるので、これから楽しみである。

ミニ関羽やミニ曹操が3体ずつ居るが
これは別に深く考えて取っておいたのではなくて、
ガチャキャラと共通のスキルを持っている配布キャラは
基本的には複数体、抱えておくスタイルです。

これは、いつか使えるという意味ではなくて、
スキル上げ素材を拾ったら、
なんか捨てるのがMOTTAINAIから、というのが主な理由です。

なので
W防御態勢のミコト爆神なんかも捨てずに取ってありますが、
逆にビックリマンのBOSSなんかは即効で捨ててます。
半端なコラボスキルに使い道がないからです。

2 件のコメント:

  1. コラボボスがっていうか毒やお邪魔を変換するだけのスキル全体が普通の変換に加えて毒やお邪魔も変換するスキルの強化で無茶苦茶割りを食ってますね

    返信削除
    返信
    1. ギニューなんかは闇のドラゴタイプ持ちなので
      今でも個性はありますが
      スキル単体で見れば、
      ドゥームズデイのグラビティルームに負けてます。

      やはりオリキャラのスキル上げ素材は
      謎の安心感があります(・_・)

      削除

「コメントの記入者:」に名前/URLを選ぶと任意の名前を入力できます。匿名を選ぶと匿名と表示されます。画像認証はGoogleアカウント等を選ぶことで回避できます。その際はアカウント名で表示されるのでご注意ください。※当ブログのコメント欄はiPhoneと相性が悪いようです。PCからは問題なく書き込めます。